宝石

アメジスト(紫水晶)の色・性質の特徴から言葉・意味まで

amethyst-titleimage

鮮やかな紫色で知られる宝石といえば、アメジストを思い浮かべる人も多いと思います。2月の誕生石としても有名で、日本では特に人気の高い石の一つです。

 

この記事では、そんなアメジストの性質から、パワーストーンとしての言葉・意味について説明していきたいと思います!

アメジストの基本データ

鉱物名 (英語)アメジスト (Amethyst)、アメシスト
別名、略称紫水晶
主な産地ブラジル、スリランカ、マダガスカル
主な色紫、菫、赤紫
構造六方晶系または三方晶系
硬度7
比重2.7
屈折率1.54 ~ 1.55
光沢ガラス光沢
岩石の成分SiO2

 

アメジストの名前の由来

アメジストという名前は、「酔っていない」を意味するギリシア語の amethustos に由来するとされています。

 

和名では紫水晶と呼ばれます。

アメジストの綴りは Amethyst であり、カタカナ語で読むとアメシストが近いです。なので鉱物学では通常、アメシストと呼ばれますが、濁った音の方が発音しやすいためか、日本ではよくアメジストと呼ばれます。

この記事ではアメジストで統一しています。

 

アメジストの性質

アメジストの主な性質は次の2つです。

アメジストの主な性質
  • 神話と関連の深い石
  • 紫は徳の高い色?
  • 様々な紫色が見える

 

1. 神話と関連の深い石

アメジストは神話と深い関係があります。

ギリシャ神話では、ワインと豊穣の神であるディオニソス (英語読みではバッカス)がアメジストを作ったことになっています。

以下、その有名なストーリーを紹介します。

 

ある日、酒に酔っていたディオニソスが、アメシストという名の若い女性を殺そうとしていました。それを見た女神ダイアナは、アメシストをを救おうと、彼女を白い水晶に変えました。

酔いが覚めたディオニソスはたいそう後悔して涙を流し、手にしていた杯から白い水晶の上にワインを垂らしました。すると、たちまち石は美しい紫色に変わりました。

 

これによってアメシストができたと言われているのです。

 

アメジストの語源を「酔っていない」と説明しましたが、この意味もここからきています。

今でもヨーロッパを中心に、アメジストは「酔い覚ましの石」と言われていて、酒酔いの他に船酔いや人生の悪酔いから身を守ってくれるという言い伝えがあります。

 

2. 紫色は徳の高い色

紫色というのは、実は “徳の高い色” ということをご存知でしょうか?

その昔、聖徳太子が定めた冠位十二階という制度がありましたが、あの中で一番位の高い「大徳」と呼ばれる地位は、紫色の冠を被っていました。

また、それと同じく中国では、紫は皇帝しか、身につけることを許されなかった色なのです。

 

このように、紫色というのは「徳の高い」色として知られています。

 

そんな高貴さのせいもあってか、初期の頃のキリスト教教会では、儀式の際に司教(ビショップ) はアメシストの指輪をはめていました。

今日でも最高級のアメジストはビショップグレードと呼ばれています。

 

紫色のイメージというのは国や地域によってそれぞれです。

どうも中南米ではあまりいいイメージがないらしく、アメジストの一大産出国であるブラジルではアメジストはかなり安い値段で取引されています。

ブラジルに行く際にアメジストを見かけたらぜひチェックしてみてください!

 

3. 様々な紫色が見える

もっとも価値の高い色とされている色は、深く濃い紫色で、微量の鉄と自然放射線によって赤色を帯びた深い紫色になります。

 

それ以外にも、淡いスミレ色から暗い褐色めの紫などかなり幅の広い色味を持ちます。

宝飾品としての価値だけでなく、自分の好きな紫を探すという楽しみも見せてくれる、かなり特殊な宝石です。

 

最近は合成アメジストといって人工的に加熱処理したり強制的に色味を出すような手法も発見されています。

単純に楽しむだけならいいですが、宝石として購入を検討する際は、こうしたものには注意が必要です。

 

アメジストの石言葉

アメジストの石言葉は、以下のようなものが有名です。

アメジストの石言葉
  • 誠実
  • 心の平和
  • 高貴
  • 愛情

 

アメジストの最大の特徴は、やはり高貴さではないでしょうか?持ち主の徳を高めたりするイメージが強いみたいです。

 

パワーストーンとしてのアメジスト

パワーストーンとしてのアメジストは、以下のような暗示を受ける人が多いようです。

パワーストーンとしてのアメジスト
  • イライラを納めたい
  • カリスマ性を持ちたい
  • 家庭円満を実現したい

 

アメジストの紫色は、イライラを鎮め、ストレスを抑える効果があるというイメージを持つ人が多いです。

特に、深くすんだ紫は心に平穏をもたらし、あなたの知的な部分を引き出すのに一役買ってくれるでしょう。

 

また、紫色は昔から神秘的な色とされていて、あなたの隠された部分や誰も気がついていない一面を強調することでしょう。