宝石

アイオライト(菫青石)の色・ストーリー・特徴から言葉・意味まで

iolite-titleimage

アイオライト(菫青石)は、スミレ色のような綺麗な紫色が特徴の宝石です。その美しいきらめきは多くの宝石愛好家の心を掴んできました。

 

この記事では、そんなアイオライトの色やストーリーから、パワーストーンとしての効果や宝石言葉などを紹介していきたいと思います。

アイオライトの基本データ

鉱物名 (英語)アイオライト (iolite)
別名、略称菫青石(きんせいせき)、ウォーターサファイヤ、ダイクロアイト、桜石
主な産地インド、スリランカ、ミャンマー、マダガスカル
主な色スミレ色
構造斜方晶系
硬度7.0
比重2.6
屈折率1.55
光沢ガラス光沢
岩石の成分Mg2Al3(AlSi5O18)

 

アイオライトの名前の由来

アイオライトの語源は、ギリシャ語のスミレ色を意味する ion と、石を意味する lithos をつなげたものです。(このため、カタカナで「イオライト」と表記する場合もあります。)

 

和名では「菫青石」と書き、こちらもスミレの青の石という意味です。

 

アイオライトの性質


アイオライトは鉱物としての特徴と、パワーストーンとしてのストーリーがどちらも興味深い石です。

アイオライトの主な性質・ストーリー
  1. 見る角度によって色が変わる
  2. バイキングがこぞって好んだ石だった?
  3. 様々な呼び方がある?

 

1. 見る角度によって色が変わる

アイオライトの特徴として、最も注目されるのが、「色が変わる」ことです。

どういうことかというのは、映像を見てもらえればわかると思います。

アイオライトの角度を少し変えると、青色が深くなったのがわかったでしょうか?

このように、光の当てる方向や見る角度によって淡い紫〜濃く深い紫まで、様々な色を示してくれるのです。

 

これは、鉱物の結晶構造によって光が屈折・反射する際に鉱物内で分裂した光が異なる経路をたどることによって起きる現象なのですが、ここまではっきりと確認できるのはアイオライトを置いて他にありません。

 

この、「観察する方向によって 群青〜スミレ色まで色とりどりに変化する」ことから、アイオライトは別名『ダイクロアイト (2つの色を持つ石)』とも呼ばれています。

 

2. バイキングに好かれた石だった?

今から1,000年ほど前には、ヴァイキングと呼ばれた海賊たちがいました。映画や小説などで度々取り上げられているので知っている人も多いかもしれません。

勢いでヴァイキングを「海賊」と書いてしまいましたが、ヴァイキングの主な収入源は実は交易であったと言われています。

そのため、略奪や海賊などのいわゆる “負のイメージ” は、のちの人が勝手につけたものだという解釈が一般的となっています。

 

そのバイキングたちに欠かせなかったのが、アイオライトです。アイオライトは太陽にかざした時に色が変わるので、彼らはその性質を利用して船の針路を決めていたと言われています。

最近までは、この説は科学的根拠がないとされていましたが、近年、この事実が証明されたそうです。

 

3. 様々な呼び方をする石

アイオライトには、今までに紹介してきた「菫青石」や「ダイクロアイト (2つの色を持つ石)」という別名がありますが、実はこれ以外にも様々な呼ばれ方がされています。

 

例えば、アイオライトの持つ青色が、サファイヤよりも少し明るく輝くことから「ウォーターサファイヤ」と呼ばれたりもします。

 

また、結晶方向に綺麗な割れ方をして、その断面が桜の花びらを思わせることから、和名で「桜石」と呼ばれたりもします。

このように、様々な呼び方をされるというのも、「移ろいやすい」色とされる紫色のアイオライトにぴったりなのではないでしょうか?

 

アイオライトの宝石言葉

アイオライトの宝石言葉には、以下のような宝石言葉があります。

アイオライトの宝石言葉
  • 初めての愛
  • 徳望
  • 誠実
  • 安定
  • 癒し
  • 不安の解消

 

石言葉にしては、憂いのある表現というか、明るくないイメージの言葉が並んでいる気がします。

物事をプラスに持っていくというよりも、マイナスをゼロにしてくれるような印象を受けました。

 

ヴァイキングがアイオライトを羅針盤にしていたことから、アイオライトは「将来を示す石」としても知られています。

そのため、未来を見通す呪いの道具として水晶のように用いられたりしてきたという歴史を持っています。

 

サファイヤとともに9月の誕生石とされているところもあり、多くの国や地域に親しまれてきたことがわかりますね。

 

パワーストーンとしてのアイオライト

パワーストーンとしてのアイオライトには、次のような暗示を受ける人が多いといいます。

パワーストーンとしてのアイオライト
  • 迷いの中にあるあなたを導く
  • 荒れ狂う心を鎮めてくれる

 

パワーストーンとしてのアイオライトの最大の特徴は、やはり「道を示す」石ということです。

迷いの中にあるとき、どうしたらいいかわからない時に手に握りしめたり、見つめたりすると心が静まり、やることがだんだんとわかってきます。